花と笑顔で交通安全を呼びかける亘理高校の生徒フラワー作戦と銘打った亘理高校の生徒による交通安全啓発活動が5月25日、亘理町中町の県道で行なわれました。この活動は、交通安全運動に関わることによって生徒の交通安全に対する意識を高めようと、同校生徒会や交通安全委員会などが中心となって毎年、春と秋に実施しているものです。

この日は、生徒が学校の農場で栽培したマリーゴールドとサルビアの苗、合わせ600株が用意され、ドライバーに「安全運転をお願いします」と笑顔で呼びかけながら、手間隙かけて育てた花をプレゼントしていました。(写真)

亘理高校では、交通安全運動のほか、道路の清掃活動など地域住民と密着した活動が行なわれています。