講演をするマダム路子さん

男女共同参画週間の6月27日、「女(ひと)と男(ひと)共に学ぶ町民のつどい 男女共同参画フォーラム(町・町民のつどい実施委員会主催)」が中央公民館で行われました。

これは、男女共同参画について町民のみなさんに理解を深めてもらおうと、婦人会やPTA、事業所などで組織する実施委員会が企画運営しているものです。

講演では、魅力研究家のマダム路子さんが「女と男魅力を活かして輝く人生を」と題し、自らの人生を振り返りながら、女性の生き方、男女の魅力について語りました。路子さんは「私は70歳ですが今が一番きれいだと思わないと老け込んでしまう。長く生きていると病気になったり辛いこともあるが、自分を支えるためにも魅力は大切なもの。誰もが持って生まれた未発見の魅力を発見して輝いて生きていきましょう」と呼びかけていました。

オカリナを演奏する只野さんまた、ふれあいコンサートでは、相馬市在住の只野和子さんによるオカリナコンサートが行われ、オカリナの特徴などを解説しながら、6曲を披露しました。

最後に、只野さんが主宰する教室の生徒28人も加わり、「ふるさと」を合奏、手話を交えながら会場と一体となったすばらしいコンサートになりました。

亘理町では、男女が対等な社会の構成員として、積極的にさまざまな分野に参画し、個性と能力を発揮して、いきいきと潤いある生活を送ることができる社会を実現するため、町が取り組むべき施策の指針となる男女共同参画基本計画を今年3月に策定しました。

この計画を基に、町民のみなさん、企業のみなさんと一緒に考え、行動して、男女共同参画社会の実現を目指していきますので、みなさんのご協力をお願いします。