わたり吉田海岸で丁寧にごみを拾い集める参加者亘理町清掃の日の7月3日、町内で一斉清掃が行われました。

これから海水浴シーズンを迎える荒浜海水浴場は、観光客が安心して裸足で歩けるよう、参加者は空き瓶ビンなどを丁寧に拾い集めていました。また阿武隈川の河口周辺では、「いつも自分たちが使う場所だから」とサーファーのみなさんが除草作業に汗を流しました。 (写真下)

除草に汗を流すサーファーのみなさん一方、わたり吉田浜海岸の清掃では、吉田地区民をはじめ町内外から1300人が集まり、空き缶やペットボトルのほか、さまざまな漂流物を拾い集めていました。この清掃活動は、24時間テレビチャリティ委員会が後援しており、「♪ミ-ヤテレ」でおなじみのミヤギテレビ応援隊の SPLASH (スプラッシュ)のメンバーも参加者らと共に清掃活動に汗を流しました。

齋藤貞副町長は「先祖から受け継いだすばらしい自然を子孫につなげるため、みなさんのご協力をお願いします」とあいさつ、宮城テレビ同事務局の米事務局長も「日本をきれいにするプロジェクトの一環で参加している。来年も再来年も続けていきたい」と話していました。

わたり吉田浜海岸清掃の模様は、8月28日から29日の24時間テレビで放送される予定です。

一斉清掃にご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。