高野署長から委嘱状を受け取る児童1月7日、亘理町立高屋小学校の3年生11人が亘理警察署の一日署長に委嘱され、制服姿の児童一人ひとりに高野和則署長が委嘱状を交付しました。

これは「110番の日」を前に、110番の適正利用を推進するための広報活動の一環として行われたもので、子どもたちは、町内のスーパーでチラシを配りながら、緊急のときの「110番」と相談の「#9110」の正しい利用を買い物客に呼びかけました。

宮城県警への110番通報は1日約400件あり、4回に1回が間違いやいたずら電話ということです。110番に相談を寄せる人もおり、緊急通報の支障となることから、相談など急がない用件は#9110を利用しましょう。