採決のようす亘理町議会臨時会が1月24日に開催され、議員定数を現在の20人から18人にする「亘理町議会議員の定数を定める条例」の改正案が議員から提出され、賛成多数で可決しました。
これは4月に行われる亘理町議会議員一般選挙から適用されます。

提案理由説明では、議員から「近年の厳しい社会経済状況のなか、地方行政改革が強く求められていることから、他の市町村議会の状況等を踏まえ、町民の負託に応えるための議会機能を勘案して、議会の主体的判断により議員定数の削減をする」と説明がありました。

議員の定数削減については、昭和62年に26人から24人とし、平成15年(22人)、同19年(20人)にも削減しています。

議会では、町民の負託に応えるべく、定数削減ばかりでなく、みなさんの意見を聞く出前懇談会、さらには議会基本条例の制定に取り組んでいます。議会基本条例については、2月に住民説明会を開催することにしています。