犠牲者の冥福を祈られる久子さまと承子さま(手前)高円宮妃久子さまは、長女の承子さまと5月30日、お見舞いのため、亘理救難所(宮城県漁協亘理支所)を訪れました。はじめに、東日本大震災の犠牲者に花をお供えになり、黙とうをして、冥福を祈られました。
また、救助員でもある漁業関係者ひとり一人に声をかけられ、「力を合わせて一日も早い復興を願っています」とお言葉を述べられました。
久子さまは、日本水難救済会の名誉総裁を務められており、この日は、第二管区海上保安本部も訪問され、職員を励まされました。