帰港した第7きくしん丸6月10日、震災後初となる釣り船が荒浜漁港から出航しました。

出航したのは、「第7きくしん丸」でガレキの影響もなく、16人の釣り客を乗せ午後1時過ぎに帰港しました。

この日は、30センチ大のカレイなど平均70匹が釣れたということで、乗船した男性は、「途中から入れ食いとなり、まずますの感触だった」と満足したようすでした。

菊地慎吾船長は「毎日出航する予定にしているが、まだ予約が少ない。もう少し増えればもう一隻出航させたい」と話していました。

亘理の釣り船は、一年を通して多くの釣り愛好者が利用しています。漁業と観光が復興できるよう、これからもみなさんの応援をお願いします。