本殿の前で和太鼓の演奏を披露する倭多里道の会のメンバー東日本大震災で被災した亘理町荒浜の川口神社で1日、元旦祭が執り行われました。

今年は震災で亡くなられた方の慰霊祭、ふるさと荒浜の復興祭、そして氏子の安全祈願祭として行われ、神事の後、その願いを込め地元和太鼓グループ「倭多里道の会」による太鼓の演奏が披露されました。
同神社の渡辺光彦宮司は「神事を終え清々しい気分であり、今日は氏子がこんなにも神前に集まっていただき感無量です」と話していました。
和太鼓の演奏は、2日は午後1時頃、3日は午前10時頃からも披露されます。