点呼で大きな声で返事をする新入生町内小中学校の入学式が4月10日に行われ、小学校272人、中学校314人が新たな一歩を踏み出しました。 

このうち、吉田小学校には21人の児童が入学しました。入学式で新入生は、少し緊張していたようすでしたが、点呼で担任の先生から名前が呼ばれると、右手を高々と上げ「はい」と大きな声で返事をしていました。

鎌倉洋海(かまくら・ひろみ)校長は「今日から吉田小学校の1年生です。一緒に入学した21人は、これから6年間小学校を卒業するまで同じ教室で勉強をする友達です。早く仲良くなってみんなで楽しく遊んだり、仲良く勉強してください」とあいさつしました。

また児童は、「明るく元気なあいさつをすること。先生の話をしっかり聞いて一生懸命勉強すること。友達をたくさんつくること」の3つを校長先生と約束していまし学校の楽しさを紹介する2年生た。

式典では、2年生児童22人が、なわとびや「こいぬのマーチ」の合奏などを披露しながら学校の楽しさを紹介すると、新入生はわくわくしたようすでお兄さんお姉さんの姿に見入っていました。

 

 

お願い

小学1年生は、毎日慣れない通学をしています。ドライバーのみなさんは、小学生の姿が見えたらスピードを落とし、飛び出しに十分注意してください。

地域のみなさんは、危険な場所で遊んでいる姿を見かけたら注意するなど声がけをお願いします。