JR常磐線浜吉田―亘理駅間が来年春頃の運転再開を目指し復旧されることになりました。

JR東日本は、浜吉田―亘理駅間の約5キロについて、復旧工事に着手し、来年春頃の運転再開を目指すと7月26日午前発表しました。
JRによると、東日本大震災により甚大な被害を受けた常磐線 相馬-亘理駅間について、一部区間の線路移設を含め「まちづくりと一体となった復旧」を進めることとしていますが、今回先行して浜吉田―亘理駅間の現在位置での復旧工事に着手するということです。
吉田東部地区まちづくり協議会では、浜吉田駅の早期復旧を願い1月に続き7月8日にも地区民約220人が浜吉田駅沿線の除草作業を行っています。