常磐線 浜吉田―亘理間が、来年春に運転再開されることになりました。
JR東日本は、浜吉田―亘理間の約5キロについて、平成25年3月16日のダイヤ改正に合わせ運転を再開すると12月21日に発表しました。
JRによると、現在、亘理-仙台間は、下り25本、上り23本を運転していますが、3月のダイヤ改正ですべて浜吉田まで運転し、下りを1本増便させるほか、朝の通勤通学時間帯で、列車の車両数を増やすなど、混雑緩和を図るということです。

また、相馬―亘理間の臨時代行バスについては、所要時間が10分程度短縮される予定ということです。