夫婦漫才で会場を沸かせる宮川大助さんと花子さんNHK BSプレミアムで放送されている「きらり えん旅」の収録が、3月25日から27日まで亘理町内で行われました。
この番組は、歌手やタレントが旅人になり、郷土を紹介する番組で、「えん旅」の“えん”は、応援の“援”、出会った人たちとの“縁”、人々が輪でつながる“円”など、さまざまな意味が込められています。
亘理町を旅した、宮川大助・花子さんのお二人は、仮設住宅やふるさと復興商店街などを訪れ、たくさんの方々と交流を深めました。また、食生活改善推進員協議会のみなさんと「ほっきめし」を作ったり、被災した末家焼の窯元を訪ねるなどしました。
そして、「えん旅」の締めくくりは旅人によるステージでの公“演”です。中央公民館で行われた「お笑いミニライブ」には、240人の町民が来場し、大助さんと花子さんの夫婦漫才に腹の底から大笑いしていました。ステージでは歌も披露され、来場者は手拍子を取りながら、楽しいひとときを過ごしました。
亘理町で収録された番組は、4月25日(木曜日)午後7時30分から、NHK BSプレミアムで放送される予定です。ぜひご覧ください。