5月28日、亘理町役場で「臨時災害放送局でNHKのラジオ第1放送を再放送することに関する覚書」の締結式が行われました。
これは、災害が起きた時に、FMあおぞらでもNHKのラジオ第1放送が放送できるようにするもので、亘理町が全国で初めての締結に当たります。
挨拶で齋藤町長は「正確な情報伝達ができ、住民の安全確保につながる」と述べました。
災害時はスタジオにスタッフが集まり放送を開始することになっていますが、緊急時に集合してから準備が整うまでのわずかな時間にNHKのラジオ第1放送をそのまま放送することにより、最初に広域の情報を知り、次に地区の情報が得られれば、素早く避難行動に移ることができます。
そのためにも、ラジオをすぐに聞くことができるよう、日ごろの準備を心掛けましょう。