5月28日、主要地方道塩釜亘理線の中町交差点付近で亘理高校生による「フラワー作戦」が実施されました。
これは、30年前から亘理警察署と亘理高校が協力して年2回行っているもので、普通科園芸コースの生徒が実習で育てたサルビアとマリーゴールドの花苗を信号待ちのドライバーなどに手渡して安全運転を呼び掛けています。
亘理高校3年生で交通安全委員長の廣瀬達也さんは、「園芸コースの生徒が頑張って育てた花苗が心に安らぎを与えると思うので、安全運転をしてもらうようできるだけ多くの方に渡したい」と話していました。