これからの出水期に備え、水防機関の士気高揚と水防技術の向上および水防体制の強化を目的に宮城県消防協会亘理地区支部の水防訓練が7月7日、阿武隈川河川敷で行われました。
開会式で森義重支部長は「水防体制の確立は、いかに現代社会が進歩したとはいえ、大きな力となるのは知識と経験であり、消防団員と消防職員の努力なしでは地域住民の生命身体財産を守ることはできない」とあいさつしました。
訓練は、豪雨により阿武隈川の水位が急激に上昇したことを想定し、亘理・山元両町の消防団員と亘理消防署員が、代々消防団に受け継がれている木流し工法や月の輪工法など七種類の工法を実施しました。