亘理町建設職組合青年部主催による「第2回親子木工教室」が7月27日に亘理町中央公民館で行われました。
この教室は、亘理町建設職組合青年部がその技術を生かし、木材を使用した温もりあるものづくりをとの思いから、昨年に引き続き2回目の開催となりました。
大ホール内は親子ごとに作業スペースが仕切られ、準備万端の態勢で午前10時に開始の合図がかかると、何を作るか設計図から打ち合わせる親子や最初に木材をのこぎりで切りながら作品を決めていく親子、22組48名の参加者がそれぞれのやり方で製作に取り掛かり、間もなくかなづちの小気味よい音がホールに鳴り響きました。
昼食に亘理町建設職組合婦人部手作りのカレーライスを食べ午後になると作品ができ始め、庭で花びんを飾る棚を作り上げ職人に仕上げのアドバイスを受ける親子や、机と椅子を作り上げ、早速机で絵を描いて使い心地を確かめたりしている親子も見受けられるなど、それぞれ夏休みの一日を思い思いに過ごしていました。