仮設住宅の集会所で定期的に開催されている料理教室「おいしい輪」が、9月5日に舘南仮設住宅集会所でありました。
これは東日本大震災後、亘理町食生活改善推進員協議会のかたがたが「亘理のふるさと料理や簡単でおいしい料理を作り、みんなで食べることで、心と体を元気にしたい」との思いから始めました。
はらこめしやほっきめしなどの郷土料理に加え、電子レンジやフライパン一つで調理できるレシピを提案し、7カ所の集会所全てを2カ月間でまわります。その活動が注目を集め、現在では味の素株式会社が協賛するなど様々なサポート体制が整いました。
この日も集会所に7台の移動式調理台が運び込まれ、協議会の清野珠美子会長と栄養士の藤本由紀子さんが参加者と会話をしながら、はらこめしや甘納豆入り団子などを作りました。