はらこめしの時期を迎え10月5日に荒浜体育館を会場に復興水産まつり第2弾として「復活!元祖はらこめし味くらべ」が開催され約1000人の来場者が詰め掛けました。
今回は、町内外の9店舗のはらこめしが一口サイズで無料提供され、投票で順位を決めるはらこめし総選挙が実施されるとあって、開場前から体育館の入口には長蛇の列ができていました。オープニングでは伊達武将隊が参上し、齋藤町長自ら亘理のはらこめしを差し出す一幕もあり、会場を大いに沸かせました。
その後試食が始まると待ちわびていた来場者で全店舗に行列ができ、間もなく最後尾が反対側の壁にまで達しました。他にもあら汁や大漁焼きも無料で振る舞われ、はらこめしと共に亘理の秋の味覚を存分に楽しむ姿がそこかしこで見られました。
昼前には準備していた試食用のはらこめしが無くなる店舗が出始め、食べ終えた方が、迷いながら好きな店舗に投票していました。集計の結果、おしか商店と与香郎寿司が154票の同数で1位となり来年のポスターのセンターを飾ることになりました。