「希望と元気を届けよう」を合言葉に第45回亘理町文化祭が11月2日、3日の2日間、中央公民館で行われました。
亘理町芸術文化協会の大堀会長は「今年で協会創立40周年を迎え、当時のことを思うと感無量です。会員は、それぞれ1年間積み上げてきた作品・芸能の数々をご 披露する訳ですが、きっとみなさんにご満足をいただけるものと思います」とあいさつしました。
会場には、亘理町芸術文化協会加盟団体の会員や一般に募集した作品が多数展示され、作品を見ながら展示者と交流を深めていました。
また、同協会加盟団体によるステージ発表では、ハーモニカや民謡のほか、フラダンスなども披露されました。今年は協会創立40周年を記念して、日頃は見ることのできない民謡や歌の各団体の先生によるステージ発表が各日のフィナーレで行われ、節目の年に華を添えました。
2日は、昨年に引き続き亘理地区まちづくり協議会による「日本一美味しい芋煮会!」も同時に開催され、宮城風、山形風芋煮が提供され、来場者は見て、聴いて、食べてと秋のひとときを満喫していました。