11月13日に「明日の親となる中学生を対象にした子育て理解講座」がいちょうの実幼稚園で開かれ、亘理中学校の3年1組の生徒が保育体験をしました。
この講座は、中学生の時期に「生命の大切さ」「自分も愛されて育ってきたこと」などを感じる契機にするとともに、幼児と接する楽しさを体験することで健全な父性・母性意識の向上を目指し、全3回にわたり開催するものです。
第1回の事前学習につづき体験学習となる今回は、各教室にそれぞれ中学生が入り、「わなげ」や「フルーツバスケット」などを幼稚園児と一緒に楽しみました。
始めは遠慮がちだった中学生も、元気な園児に徐々に打ち解け、笑顔で楽しむ姿が見られました。
帰る際には「また遊ぼうね」と話しながら、中学生が見えなくなるまで園児が手を振り続けていました。