小中高校生によるマナーアップキャンペーンが亘理町内各駅前および各小中学校で11月18日に行われました。
これは宮城県が推進している「志教育」の一環として、あいさつ運動や通学路クリーンアップなどの活動をしながら町民と関わり、町づくりのために自分たちができることを見つけ成し遂げる気持ちを育てる目的で、今回初めて町内各学校の生徒が一堂に会し、一斉に取り組みました。
亘理中学校の宮下文憲校長は「同じ日にみんなで実施することで、この活動を広く町民に広げ、子どもたちの力で町の雰囲気を明るくして行きたい。」と活動に込めた想いを話しました。
当面は学期ごとに1回、町内の各駅周辺などで活動を展開していく予定です。