11月22日に荒浜小学校で落語家の六花亭遊花さんを迎えて「次代を担う子どもの文化的芸術体験事業」が開かれ、全児童が生の落語を堪能しました。
岩手県遠野市出身で、東北弁を使った落語家として活躍している遊花さんから、最初に落語についての解説を聞いた後、各学年の代表児童が一人ずつ高座へ上がり、落語でよく見るという、そばをすする演技の指導を受けました。
代表の児童たちは、始めは恥ずかしそうにしていましたが、遊花さんの気さくな人柄にふれ、徐々に緊張も解けていくと、そばをすする様子も上手く表現できるようになりました。
 そのあと、民話から作られた小話が披露されると、その巧みな話芸に集まった児童は一瞬にして落語の魅力に引き込まれ、会場は笑いに包まれていました。