(仮称)亘理町水産センターイメージ図東日本大震災により全壊し、地域資源活用総合交流施設整備事業を活用して新築することになった「(仮称)亘理町水産センター」の安全祈願祭が、1月21日に荒浜字築港通り地内で行われました。

新施設は、現在の魚市場向かい側に建設され、「わたり温泉鳥の海」内にあった直売所「鳥の海ふれあい市場」や宮城県漁協仙南支所、独立行政法人防災科学研究所の地震・津波観測局舎などが入るほか、災害時の避難場所としても活用できる一体的施設として整備されます。

齋藤町長は「この施設が建設されることで、年間を通じて観光客が訪れるような取り組みを 期待します。」と述べるとともに、「完成時期に合わせてわたり温泉鳥の海も再開し、震災前以上のにぎわいを取り戻したい。」とあいさつしました。

今回建設される建物は延べ床面積980・62平方メートルの鉄筋コンクリート造3階建て。災害時には一時避難できるように、屋上まで上れる外階段を設置します。総事業費は設計費も含め4億1124万4800円で、平成26年8月末の完成予定です。