4月26日に荒浜小学校で、全児童と保護者が参加して親子防災教室が行われました。

これは、下校時に大規模災害が発生した場合に備え、避難方法などについて親子で共に考えるため、一昨年に次いで実施されたものです。

最初に、非常時の準備物や避難場所の確認項目が記された「家庭防災会議カード」が配られ、家庭内での取り決めについて親子でじっくりと話す姿が見られました。

続いて地区ごとの情報交換が行われ、行政区や仮設住宅ごとに集まった親子が、それぞれカードに記入した内容を発表した後、災害時に避難するための集合場所や安否確認方法について話し合い、日頃の備えに対する意識を新たにしていました。