花束を受け取る齋藤貞新町長亘理町長選で初当選した齋藤貞新町長が5月28日午前9時ごろ、亘理町役場へ初登庁し、町民や職員から盛大な拍手で迎えられました。

初めて町長席に着いた感想を「震災からの復旧・復興の迅速化という重い任務があり、ひしひしと重圧を感じます。町民のご支援をいただきながら進めたい。」と述べました。

この後行われた就任式で齋藤町長は「復旧・復興事業の継続と私の掲げた4つの選挙公約について協議を重ねながら進めたい。また、私の仕事に対する信念は「人は仕事を通じて成長していく」であり、仕事を通じて自分の器をどんどん大きくしていくということです。副町長時代から機会があるたびに『みなさんの元気は、亘理の元気です』と話してきました。それは、職員も同様です。職員一人ひとりが一日一日、生き生きと元気に業務を遂行することが、亘理町の復旧・復興の加速に一番であり、亘理町の元気につながっていきます。そして、『誰もが暮らしやすさを実感できる町づくり』を目指して、いきいきとした職場をみんなで作り亘理を元気にしたいと思っています。」と職員に対して挨拶しました。

齋藤貞町長の任期は、平成26年5月28日から平成30年5月27日までの4年間です。