7月19日に悠里館で「第9回ソナーレチャリティジャズコンサート」が開催されました。
荒浜出身のジャズシンガー渡邊真澄さんが登場すると「真澄ちゃん」「お帰り」とそこかしこから声が上がり、ウッドベースなどの演奏に合わせて「ムーンリバー」や「青春の輝き」など全10曲を披露しました。
中盤には、竹に似たイタドリの笛が来場者に配られ、イタリア語で「奏でる」を意味するソナーレの言葉通り、手をたたく箇所で笛を吹き「しあわせなら手をたたこう」を協演しました。
港町地区出身の秋藤道子さんは「初めて来て、素晴らしい歌と演奏に酔いしれました。来年も楽しみです。」と話しました。
コンサートへの企業や来場者からの寄付金は、はしかワクチン約6000人分に充てられています。