親子で一緒に料理する、アウトドアクッキング教室が8月3日に中央公民館で開かれ、17組39人の親子がピザ作りに挑戦しました。
講師の松島自然の家職員の方々に作り方を教わった参加者は、フリーザーバッグに材料を入れて練り上げた生地に、野菜やハムなどの具材を盛り付け、炭火で熱した「ダッチオーブン」と呼ばれる厚い金属製の鍋に入れると、10分ほどでこんがりとしたピザが焼き上がりました。
参加した小学4年生の塩﨑龍さんは「チーズとトマトの相性が良くできた。今度は他の料理にも挑戦したい。」
と話し、できたてのピザを口に運んでいました。
中央公民館では他にも、親子で作る米粉パン作り教室や陶芸教室を冬休み期間中に開催する予定です。