亘理町小学校音楽会が10月2日に亘理小学校の体育館を会場に行われました。
始めに岩城敏夫教育長が「音楽は癒しと元気を与えてくれます。この日のために練習してきた成果を十分発揮してください。」とあいさつしました。
音楽会は、今回参加した児童352人の合唱『もみじ』で幕を開け、各校の発表へと続きました。
高屋小学校の3年生から5年生児童25人は、手話を交えて「ともだちになるために」の合唱を披露し、会場に詰め掛けた保護者や地域の方々が、繊細なハーモニーに耳を傾けていました。
孫の発表を見るため秋田県から駆け付けたという山田キイ子さんは「素晴らしい演奏と合唱を聴いて、震災以降みんながんばっているのだと思い涙が出ました。」と感動した様子で話しました。