亘理町を中心に活動している40歳以上のアマチュアミュージシャンによる、わたり復興ライブ「歌ノチカラ」が中央公民館で10月11日に行われました。
会場は中央公民館のロビーをステージとして、どの場所からも出演者の表情がよく見えるようにホールに続く階段を客席にしています。
ライブでは、オカリナの伴奏で「少年時代」を披露する夫婦から、ステージを所狭しと駆け回りツイストの「燃えろいい女」を熱唱するグループまで、バラエティ豊かな全6組が復興への想いを曲に込めて表現しました。
はじめて来たという加藤敬子さんは「私でも口ずさめる曲が多く、楽しいひとときを過ごしました。」と話しました。