わたり復興マラソン大会を間近に控えた10月22日に、株式会社ケーヒンと株式会社ケーヒンワタリの社員11人がコース脇の草刈りを行いました。
会社では以前から定期的に周辺の清掃を行っていますが、震災後は、それに加えて亘理町の復旧の一助になればとの提案から、大会の駐車場やコース脇の草刈りを続けています。
この日も雨が降り注ぐなか、午前9時過ぎに社員らが集まり、草刈機をコース脇ののり面部分に這わせるように操作しながら、次々と刈り進めていきました。
株式会社ケーヒンの担当者は「全国から参加者が集まる大会なので、隅々まできれいにしている亘理町のすばらしさも見てほしい。」と大会開催に掛ける熱い想いを話しました。