被災地の青少年たちを対象に、スポーツの楽しさと将来の夢をサポートする「ドリームプロジェクト」が荒浜中学校で11月28日に行われました。
始めに「サッカー教室」が開かれ、ソニー仙台FCの現役選手たちに直接指導を受けながら、ボールを背中に挟んでリレーするミニゲームや紅白戦に取り組み、真新しい校庭で約1時間汗を流しました。
それに続いて、将来の夢を考える道しるべにしてほしいとの願いから企画されたトークショーには、お笑いトリオの「我が家」が東京から駆け付け、コントを披露した後、仕事について生徒と語り合いました。
我が家の3人は、生徒が記入したアンケートを基に、将来就きたい職業について理由を聞き出す一方で、「まだ見つからない。」と話す生徒には「好きな人を幸せにするために仕事をがんばるという考え方もある。焦ることはない。」とエールを送りました。
荒浜中学校の渡邉裕之校長も今の職業に就いた理由を尋ねられ「中学生時代に素敵な先生と巡り合ったことがきっかけ。」と話すとともに「大好きなサッカーも続けられたので2つの夢がかなった。」と実感を込めて生徒に語り掛けました。
今回主催した東京恵比寿ロータリークラブの河合克美会長は「生徒たちの明るい笑顔が見られてとてもうれしい。今後復興が成し得たと思える時まで支援していきたい。」とほほ笑ましい光景に目を細めていました。