必勝祈願を込めた「縁起物プロジェクト」の祈願祭が、12月17日に亘理神社で行われました。
これは、受験や部活など地域の子どもを応援しようと亘理山元商工会が企画したもので、亘理・山元両町の商店や企業計23社が賛同し、既存商品や新たに開発したオリジナル商品を「縁起物」として登録しました。
神社内には、紅白の菓子や、絵馬をかたどったかまぼこなどの「めでたい縁起物」商品が約20種類並べられ、商品を手にした子どもに福が訪れるようにと亘理神社の三品広明宮司が必勝の願いを込めて祈祷しました。
各商品には祈願されたことを示す絵馬のシールが貼られ、だるまが描かれたポスターが売り場の目印です。
商工会の丸谷由郎会長は「このプロジェクトを継続的に行い、地域全体を盛り上げていきたい。」と意気込みを話しました。