1月5日に亘理町役場で仕事始めの町長訓示がありました。
齋藤町長は「今年は災害公営住宅が全て完成し、仮設住宅にお住まいの方々が生活再建への一歩を踏み出します。行政としていかに町民の方々の生活に寄り添っていくかが大切。」と述べました。
また、職員に対して「少しの事でくじけず、成功するまで挑戦し続けてほしい。」としたうえで、「それぞれの立場で専門家になる心構えで、仕事に取り組むよう、随所に主となれ。」と話し、職員が一丸となり、町民のみなさんが暮らしやすさを実感できるまちづくりを進めるよう訓示しました。