亘理町消防出初式が1月11日に亘理中学校体育館で行われました。
はじめに参加者全員で亘理神社の方角を向いて最敬礼し、町内の各神社に対して今年1年の無火災を祈願しました。
式で齋藤町長は「本年もこれまでの教訓を生かし、災害に強い、安全安心のまちづくりを充実強化させるため全力を尽くします。」とあいさつしました。
続いて齋藤幸一団長が「団員には日頃からの訓練に精進され、消防・防災技術の向上を図り、有事の際には地域住民の負託に応えられるよう準備願います。」と訓辞を述べました。
表彰伝達では、宮城県消防協会長表彰に続き、夫の消防団活動を陰で支えた妻の功績に対する妻女賞が贈られました。
また、出初式に先立ち消防団機械器具点検式が校舎北側で行われ、指揮者の号令に従い、各班の機械担当者が車両および装備品の点検を行いました。
その後、小型ポンプ積載車31台、消防ポンプ自動車4台全てのエンジンを順番に始動させ、今年1年の緊急出動に備えました。