昭和30 年2月1日に2町2村が合併し、現在の亘理町が誕生しました。
本年、60周年を迎えたことから、町制施行日である2月1日に中央公民館で記念セレモニーが開かれました。
始めに「わたり60年のあゆみ」と題した記念映像が流れ、昭和30年から現在まで、町の懐かしい風景とともに、当時の人々の様子が写真や映像で映し出されると、会場中から昔を懐かしむ声が上がりました。
映像の最後に「この地を築いた先人に感謝し共に未来へ歩あゆみを進めましょう」というメッセージが映し出されると、ホールは温かい拍手で満たされました。
約150人の来場者全員で町民歌を斉唱した後、齋藤町長は「これからも平坦な道ばかりではないと思いますが、亘理町民は力を合わせ乗り越えることができると信じています。ふるさと亘理をより良い姿で、次世代に引き継いでいきましょう。」と式辞を述べました。
引き続き会場では、「亘理町公民館まつり」が開かれ、作品展示やステージ発表など、町民が日ごろの活動の成果を披露し、記念日をさらに盛り上げました。