5月23日に、亘理町内全ての小学校で運動会が開かれました。
このうち亘理小学校では、6年生児童が総合的な学習の時間に取り組んでいる『成実ばやし』を披露しました。
成実ばやしは、亘理町の初代領主伊達成実公にちなんだおはやしで、学校では昨年から運動会のプログラムに演技を取り入れています。
原色がまぶしいサテン生地の衣装に身を包んだ踊り手の躍動感あふれる舞と、真剣な表情で太鼓を打ち鳴らす打ち手の迫力ある演奏が相まった児童たちの演技に、会場中の熱い視線が集まりました。
指導にあたっている伝統文化保存会道岳館の富山剛久さんも姿を見せ「伝統芸能をこのような形で伝えられて嬉しい。今後も続けてほしい。」と目を細めました。