6月14日に浜吉田いちご団地で、亘理町いちご団地復興感謝イベントが開催されました。
これは支援への感謝と、亘理のいちごが復興に向かって歩み出したことを地域の方に知ってもらいたいという思いからいちご団地管理組合が企画し、当日は亘理町に住む小学1年生の親子約100組が参加しました。
ハウスに入った子どもたちは、いちごが栽培されている高設ベンチの下を縦横無尽に駆け回りながら、自ら摘み取ったいちごをおいしそうにほおばっていました。
森榮吉(ひでよし)組合長は「震災から立ち直ったこの場所で、子どもたちに亘理のいちごを味わってもらい、いちご農家の次の世代を担う明るい希望を見いだしたい。」と産地の未来に込めた思いを話しました。