9月1日から2日にかけて、逢隈中学校2年生の生徒4人が職場体験で亘理町役場を訪れ、広報の仕事を体験しました。
はじめに生徒たちは、「わたりひまわり化計画」で7月に種をまき、見ごろを迎えた阿武隈川河川敷のひまわり畑の様子を取材し、各自カメラアングルを決めてシャッターを切りました。
その後生徒たちは、亘理町の魅力を30秒のCMで伝える脚本の制作に取り組み、観光PRキャラクターのわたりんが特産品を紹介するCMなど、書き上げた計7本の脚本を、さらに映像のイメージが沸くように絵コンテにして発表し合いました。
2日間の体験を通して齋亜紗妃さんは「普段行かない場所にも足を運び、改めて町の魅力を再確認した。身近な役場の仕事内容を知ることができて良かった。」と話しました。