亘理町に関する物産を購入できるインターネット上のサイト「みんなの亘理」運用開始を来年に控え、11月17日に農村環境改善センターで出店商品のPRイベントが開かれました。
会場には、農水産加工品や工芸品など幅広い分野の商品計45品目が並べられ、地域住民や関係者が手に取りながら、創意工夫している点などを事業者に尋ねていました。
洋傘を出品した西川洋傘加工所の西川廣司代表は「震災で諦めかけたが、もう一度再起をかける思いで臨んだ。出店がかなえば娘とともに歩み出せる。」と審査の行方に期待を込めました。
その後開かれた審査会では、町関係者や6次化プランナーたちが、各商品の印象や効果的な販売方法について、幅広い意見を交わし可能性を探りました。