11月3日文化の日に悠里館で、「オープンミュージアム」および「図書館まつり」が催され、多くの来場者が様々な文化に触れました。
郷土資料館では、常設されている資料に加え、蓄音機によるレコードの試聴や刀剣の手入れ実演のほか、郷土芸能の演舞や亘理のいろはかるた大会まで、盛りだくさんの内容で来場者を迎えました。
初めて資料館に来たという逢隈小2年の大河原煌生さんは「こんなに文化財があることに驚いた。伊達成実公の甲冑はとても迫力があった。」と話しました。
図書館まつりでは、手作り布絵本で遊ぶコーナーも開かれ、大きな布絵本になった『ぐりとぐら』を、懐かしみながら子どもに読み聞かせる母親の姿が見られました。