1月6日に荒浜漁港で初競りが行われ、昨年の2倍に当たる約6トンの魚が競りにかけられました。
鮮魚の荷さばき場には、フグや赤貝が並べられ、関係者が豊漁と漁の安全を祈願して手締めした後、早速競りが始まりました。
この日はヒラメが1キロ当たり1,500円から3,000円で取引されたほか、カレイやタラなどの活魚も大きい型が多く、仲買人らの威勢の良い掛け声で、市場が一気に活気付きました。
市場の施設は、鮮魚および活魚の荷さばき場が昨年までに復旧したほか、今年3月には貯氷庫が完成する見込みです。
宮城県漁業協同組合仙南支所亘理の菊地伸悦支所運営委員長は「施設復旧も順調に進み、漁獲量も昨年度比で2割増えている。今後もこの状況が続いて欲しい。」と話しました。