3月3日のひなまつりにあわせて郷土資料館で亘理伊達家のひな人形が公開され、多くの来館者が雅な姿を見つめました。
公開したひな人形は、江戸時代後期に製作された古今びなで、伊達家の家紋である「竹に雀」が描かれた文箱などとともに、亘理の第14代領主伊達邦成公の三女が仙台の石川家に嫁ぐ際に、嫁入り道具として持参したものです。
それらが平成14年に亘理町に寄贈されたことから、郷土資料館では毎年この時期に展示し、3月3日は観覧料を無料にしています。
初めて資料館に来たという亘理小3年の小池紗瑛さんは「普段見られないひな人形を見ることができて感動した。」と話し、柔和な表情をたたえるひな人形を見つめました。