4月3日に、あぶくま公園グラウンドで亘理町消防団春季消防演習が行われました。
始めに齋藤幸一団長が「今年は例年よりも火災件数が増えている。われわれ消防団員の使命は、あらゆる災害から住民の生命と財産を守ることはもちろん、火災を未然に防ぐことも大切な任務である。」とあいさつし、日ごろの訓練の重要性を強調しました。
引き続き、表彰伝達や新入団員への辞令交付が行われた後、参加した300人の消防団員が、動作確認のために声をかけ合いながら、きびきびとした動きでポンプ操法や実地放水に取り組みました。
齋藤町長は祝辞で「安全安心な住み良いまちづくりのために、様々な訓練を通じて消防防災技術の修得に努めてほしい。」と述べました。