千葉県君津市を拠点に活動しているきみつ少年少女合唱団の復興応援コンサートが、8月21日に中央公民館で開かれました。
合唱団は平成12年に結成し、ウィーン少年合唱団との共演も経験したほか、震災後は南三陸町を皮切りに毎年東日本大震災の被災地でコンサートを開いています。
50人を超える団員のうち、今回は小学5年生から高校2年生までの団員約40人が来町し「365日の紙飛行機」や「夢をあきらめないで」などの歌謡曲から唱歌「ふるさと」やアンコール曲の「ひまわりの約束」まで約1時間半にわたり、澄んだ歌声を表情豊かに響かせました。
指揮者兼指導者の石川真奈美さんは「亘理町の方々が温かい雰囲気で迎えてくれたので子どもたちの方が元気をもらった。君津市からも被災地を見守っていることを覚えていてほしい。」と話しました。