来年10 月1日に開催を予定している「東北・みやぎ復興マラソン2017」の概要が発表されました。
この大会は、震災の風化が危惧されるなか、参加者をはじめ国内外に広く被災地の現状を発信するため開催されるもので、第1回となる今回は、岩沼市を発着点に名取市と亘理町にまたがる42
.195キロのコースを駆け抜けます。
10月6日には宮城県庁で記者会見が開かれ、主催する株式会社仙台放送の竹内次也代表取締役社長が「被災地の現状を知ってもらい、復興への道のりを発信すべく企画した。宮城県が誇る魅力あふれる大会にしていきたい。」とあいさつしました。
本コースは、宮城県初の公認フルマラソンコースとして日本陸上競技連盟に申請する予定で、大会の模様は全国放送で生中継されます。
大会種目には、フルマラソンをはじめ数キロで楽しめるファンランや親子で走る種目などを設定し、全部門合計で15000人の参加を見込んでいます。
共催する宮城県の村井嘉浩知事は「創造的な復興の実現に向けて着実に歩みを進めている姿を、全国および世界に発信していきたい。」と大会へ期待を込めました。
また、大会前日から当日にかけて、岩沼市の沿岸部を会場に、東北各県と熊本県などの被災地をつなぐ食のイベント「復興マルシェ2017」も併催されます。