母子・父子家庭が医療費の助成を受けるには

助成対象

母子・父子家庭の子ども(18歳の年度末まで)及び18歳の年度末までの子どもを扶養する母父又は父母のいない子ども(18歳の年度末まで)を対象として助成されます。ただし生活保護を受けている世帯は除かれます。

 

助成を受けられない場合

助成を受けようとする方の所得が一定額以上であるときは、助成を受けることができません。

 

助成範囲

保険証を使って病院、診療所で診察、薬剤の支給などを受けた場合等に窓口で支払った額から1,000円(入院の場合は2,000円)を控除した額が助成されます。

 

助成方法

役場で「母子・父子家庭医療費受給者」として登録します。医療機関の窓口に、町から交付される「母子・父子家庭医療費受給者証」と母子・父子家庭医療費助成申請書(青色の用紙)、保険証を一緒に提出してください。自己負担額は医療機関に支払ってください。後日、いったん支払った額が、町から払い戻されます。

 

資格登録に必要なもの

  • 戸籍謄本
  • 健康保険証(健康保険組合・共済組合加入の方は、事業所から附加給付に関する証明を必ず受けてください)
  • 振込口座(保護者名義のもの)
  • 印鑑