40歳から64歳の方の保険料

40歳から64歳の方(第2号被保険者)の保険料は、加入している医療保険の算定方式により決まります。

保険料は、医療保険とあわせて納めます。

 

決定方法

納め方

国民健康保険に加入している方

世帯に属している第2号被保険者の人数や、所得などによって決まります 同じ世帯の第2号被保険者全員の医療保険・後期高齢者支援分と介護分を合わせて、世帯主が納めます

職場の健康保険に加入している方

加入している医療保険の算定方式に基づいて決まります 医療分・後期高齢者支援分と介護分を合わせて、給与から差し引かれます

 

65歳以上の方の保険料

65歳以上の方(第1号被保険者)の保険料は、市町村の介護サービス費用がまかなえるよう算出された、「基準額」をもとに決まります。亘理町の平成30年度から32年度の「基準額(年額)」は70,200です。

この「基準額」を中心に、所得に応じた負担になるように、9段階の保険料に分かれます。

第7期(平成30年度から平成32年度)介護保険料

段階

対象者

算定方法

保険料
(年額)

第1段階

  生活保護を受給している方・老齢福祉年金を受給して
  いる方で、世帯全員が市町村民税非課税の方・世帯
  全員が市町村民税非課税で、前年度の合計所得金額と
  課税年金収入額の合計が80万円以下の方

基準額×0.45
(※参照)

31,590円

第2段階

世帯全員が市町村民税非課税で、前年度の合計所得
金額と課税年金収入額の合計が80万円を超えて
120万円以下の方

基準額×0.75

52,650円

第3段階

世帯全員が市町村民税非課税で、上記に該当しない方

基準額×0.75

52,650円

第4段階

本人が市町村民税非課税及び前年の合計所得金額と
課税年金収入額が80万円以下で、世帯の誰かが
市町村民税を課税されている方

基準額×0.90

63,180円

第5段階

本人が市町村民税非課税で、世帯の誰かが
市町村民税を課税されている方

基準額×1.00

70,200円

第6段階

本人が市町村民税を課税されていて、前年の合計所得
金額が120万円未満の方

基準額×1.20

84,240円

第7段階

本人が市町村民税を課税されていて、前年の合計所得
金額が、120万円以上200万円未満の方

基準額×1.30

91,260円

第8段階

本人が市町村民税を課税されていて、前年の合計所得
金額が、200万円以上300万円未満の方

基準額×1.50

105,300円

第9段階

本人が市町村民税を課税されていて、前年の合計所得
金額が、300万円以上の方

基準額×1.70

119,340円

 
※第1段階の保険料の算定方法は特例(低所得者に対する公費による保険料軽減)により「基準額×0.5」を「基準額×0.45」に軽減します。
 

65歳以上の方の保険料の納め方

納め方は受給している年金の額によって2通りに分かれます

年金額が年額18万円以上の方

 ⇒年金から直接徴収します(特別徴収)

※ 年度途中で65歳になった方、または年度途中で他の市町村から転入した方等は、「特別徴収」に切り替わるまでは、納付書で納めます

 

年金額年額18万円未満の方

市町村から送られてくる納付書により、金融機関で納めます(普通徴収)。支払い月は原則6月から翌年3月までの10回です。

 

普通徴収の方には便利な口座振替をお勧めします

 町内の金融機関・郵便局に口座振替依頼書がありますので、納付書・通帳・届出印を持参のうえ手続きをお願いします。