平成26年度に寄贈された約60品目の資料を展示

 「収蔵資料展」では、テーマを設けず、寄贈された歴史民俗資料を年度ごとにまとめて展示しています。20回目となる今回は、平成26年度に寄贈された荒浜救難所警鐘や町の指定無形民俗文化財の亘理獅子舞装束などを含む約60品目、200点以上の資料を展示します。さらに、こどもの日を含むゴールデンウィーク特別開館にあわせて、これまで郷土資料館に寄贈された五月人形を展示するコーナーもあります。昔懐かしい“もの”をとおして、使っていた人たちや当時のくらしぶりをしのぶことができます。この機会にぜひ、ご観覧ください。
 期間

平成29年4月29日(土曜日・昭和の日)から6月25日(日曜日)まで

開館時間

午前9時から午後4時30分まで(入館は午後4時まで)

会場

亘理町立郷土資料館 企画展示室

観覧料

常設展示料金で観覧できます。( )は20人以上の団体料金です。
また、障害者手帳を提示の方は料金が半額になります。

    • 一般200円(150円)
    • 高校生100円(70円)
    • 小中学生50円(30円)
※町内の小・中学生は「どこでもパスポート」の提示で観覧料が無料になります。
問合せ

亘理町立郷土資料館
電話:0223-34-8701  FAX:0223-34-8709