改元に伴う文書等の取り扱いについて

 

 本町から発送する文書等の日付は、従来から原則として和暦を使用しております。

 

 本町から発送する文書等についても原則として新元号を用いることになりますが、平成31年4月30日までに本町が発送した文書等において、令和元年5月1日以降の日程や期間を記載するものについては『平成』と表記されておりますのでご留意願います。

 

 また、納入通知等、令和元年5月1日以降でも、システム処理の都合から『平成』で表記されている文書等もございますので、併せてご留意願います。 

 

 令和元年5月1日以降においても、『平成』と表記されている文書等については、法的な効力が変わることはありませんので、有効なものとして取り扱います。

 

 なお、元号の修正のみを理由とした文書等の再発行や再発送は原則行いませんので、文書等において『平成』と表記されているものは、新元号に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。